ラッキーの不定期更新ブログ

好きなものを好きなだけ

鶯谷フィルハーモニーというバンド

 

 

鶯谷フィルハーモニー

チュートリアル徳井さんがボーカルを務めるバンド。2011年から活動しています。

バックは俳優さんだったり、音楽の賞をとった方だったり、175Rの元メンバーの方など様々。

 

代表曲に『夏月』がありますが、この曲を聴くとこのバンドの特色が一発でわかります。

簡単に言うと地上波で歌ったときに歌詞の一部が伏せられていました。

途中までメロディーも歌詞も王道のJポップっぽくて歌も上手いのに、サビの最後に出てくる歌詞で全てが台無しになります。地上波で歌えなかった部分です。

 

あと印象に残っているのが『金銭的支援関係』。

若い女性が海外旅行に頻繁に行ったり高いマンションに住んでいたり、やけに金銭面でフットワークが軽いのはきっと資金援助してくれる人がいるからだよね、という歌詞。(なるべく露骨な表現は出さない)

ある日突然ツイッターでタレントのフィフィさんが

チュートリアル徳井さんの『 金銭的支援関係』って曲の歌詞がほんとにあるあるなんだよ。モデルかコンパニオンたまにする程度の女子が定期的に海外旅行、ホテルのプールサイドで自撮り…をSNSに投稿してリア充自慢してんだけどさ、それ誰と行ってんの?「♪パトロンおるやろ~」って、まさにそれ。

 と評していました。(露骨な表現を出してしまった)

 

このバンドの最大のポイントは徳井さんが作詞担当だということ。

プロの方がかっこよく演奏するなか、歌詞は徳井さんの独壇場。曲のかっこよさと歌詞の酷さのちぐはぐ感が面白い。

私が鶯谷フィルハーモニーの曲を引かず面白いと思えるのは、徳井さんが書くネタや出演番組で知らぬ間に耐性ができたからだろうな。耐性なんてできたら駄目なんだろうな。

司会や俳優業もこなし動物好きのキャラクターもできて、ゴールデンでは発言も少し落ち着いている(ように見える)徳井さんですが、このバンドとAbemaTVでの徳井さんを見るとなんとなく「ああ、徳井さんだな」となります。

ゴールデン番組や大きな劇場から少し外れた途端にリミッターも外れるのは芸人あるある。

逆にゴールデンでの優等生っぽい徳井さんしか知らない人はバンドの曲の聴いた途端に卒倒するかも。現に、複数のアーティストが集まる完全アウェーのライブイベントの生配信をみたのですが、会場が若干ざわついていました。

でもその後は持ち前の盛り上げ力で会場はノリノリに。あの場にいたら楽しそう。

 

私の経験上、というか皆さんに当てはまると思いますが、ライブ会場って入った瞬間独特の高揚感がありますよね?

そんな雰囲気の中で響く歌詞の内容が上のような感じだったら、色々どうでも良くなって日常生活の煩わしさを全部忘れられそう。下ネタなんて絶対言うキャラではないしこれからも言わないだろうし、特に進んで聞きたくもないけど、このバンドのライブではそれで盛り上がっても周りから何も変な目で見られない。なぜなら会場にいるみんなライブハイになってると思うから。

 

ここまで書いておいてなんですがライブに行ったことはありません。でもたぶん近いうちに行きます。もし行ったときはまた適当に感想を書きます。

 

 

なんやかんや書きましたが、地上波の番組でセーブしているぶん徳井さんが言いたいこと全部歌で吐き出していそうなバンドです。

東京での ワンマンライブを終え、今月27日には大阪でライブ・来月25日には福岡でライブがあるそう。特に福岡の会場は有名アーティストも数多く利用してきたドラムロゴス(キャパ800)と、結構大規模。

CDも会場限定で販売されます。

興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 


【公式】鶯谷フィルハーモニー ライブツアー「春は乱れて」決定!